MLM:マルチレベルマーケティングとしてのワールドベンチャーズビジネスを理解する

Blog

ワールドベンチャーズのビジネスは、「ねずみ講」とか「マルチ商法」と言われ、誤解される
ことが多いですね。

ワールドベンチャーズのビジネスに実際に関わる人たち、およびワールドベンチャーズが管理
運営するドリームトリップスの事業や会員に提供される会員制旅行サービスに興味関心を持ち
つつ、そうした不安をお持ちになる方々に、その不安を払しょくし、正しく理解して頂けるよ
う、順を追って説明したいと思います。

ねずみ講とは? ワールドベンチャーズは、ねずみ講ではありません!

「ねずみ講とは?」

ねずみ講は、商品販売を目的としない金品配当組織。
後順位者の連鎖が無限に続くことを前提に金品の利殖配当を行います。
すなわち、「お金」が目的です。
しかし、
後順位者の無限連鎖という前提自体が成り立たず、いずれ破綻する矛盾を持ちます。
そのため「無限連鎖講の防止に関する法律」によって開催、勧誘、参加行為等が全面禁止
されており、ねずみ講は犯罪なのです

これでお分かり頂けるように、ワールドベンチャーズのビジネスは、ねずみ講では、断じ
てありません。

マルチ商法とは? マルチレベルマーケティングは、マルチ商法?

「マルチ商法」の「マルチ」が、マルチレベルマーケティングの「マルチ」に起因する
と考えられているため、マルチ商法 ⇒ マルチレベルマーケティング ⇒ ワールドベンチ
ャーズビジネス、と受け止められがちです。

「マルチ商法」が消費者・利用者に被害を与える事件が、過去発生するたびに、そうし
たビジネスが悪、悪法とレッテルを張られ、その印象が一層深くなってきました。
その影響は、今日に及び、いまもって同様な事件・被害が起きている実態もあります。

マルチレベルマーケティング自体は、比較的歴史があり、社会的な意義・価値を持って
認められてきていることも忘れてはいけないと思います。

マーケティングという言葉を「商法」と訳するのは、間違いです。
経済学・経営学や経営実務において、果たして、「マーケティング」という言葉を「商法」
という意味で用いるでしょうか。
決してそんなことはありません。
れっきとして、マーケティングは、経営技術や経営理論において体系づけられ、用いられ
る概念です。

一部の人は、MLM=マルチ商法、連鎖販売取引と定義します。
これは全くの間違いであり、MLM自体は、合法的なものであり、マーケティングの一つの
方法です。
フランチャイズ制度や家元制度などを果たしてマルチ商法、連鎖販売取引と言うでしょうか。
絶対にそんなことはありません。

問題は、そのMLMに違法性があるかどうか。
消費者・利用者の利害を著しく毀損することが分かっている、あるいは、当初から犯罪性を
認識してその事業を営んでいるかどうか、にあります。

ワールドベンチャーズ、ドリームトリップスには、まったくそうした意図・目的はなく、利
用者・ビジネス参画者すべてが、平等にその権利を得るチャンス・可能性を持っていると言
えます。

そして、何より、そのビジネスの機会や、サービスを利用する権利は、参加する人が辞めた
いと思い、退会を申し出れば、いつでも辞めることができるのです。

問題となるのは、この退会申込み手続きが、規定通りにすんなりできないような、入会処理
がなされていた時です。
この入会時の手続き・処理を、自分の利益優先で、入会者に提示・明示せず、分からないま
ま行う参加者がまれにいることから、ワールドベンチャーズが誤解を受けている面がある。
そういう点は、これまであったようです。

ですから、新しく入会を検討するに当たって、紹介者が信頼できること、入会処理手続きが
明確・明朗であり、万一、入会したがやはり辞めたいと判断したときに、クーリングオフ期
間内に申込みの取り消しを確実に行うことができることを確認しておく必要があります。

もちろん、ワールドベンチャーズには、米国企業であることで米国の法律に定められている
14日間がクーリングオフ、申込み取り消し有効期間となっています。

そして、退会申込みは、本人が、直接所定の手続きで行えば、簡単にでき、簡単に承認され
ます。
(ある方の退会手続きをお手伝いしたことがあり、ずいぶん簡単に、ある意味あっけなく
終わった経験があります。)
退会方法については、別途その方法を<Q&A>などで紹介します。

ワールドベンチャーズの「連鎖販売取引」性について

ねずみ講やマルチ商法など、違法性・犯罪性が問われる事業は、「特定商取引法」第33
条で「連鎖販売取引」として取り上げられ、禁止規定が定められています。

その1項を要約すると、
「連鎖販売取引」とは、物品販売(有償サービスの提供を含む)の事業において、商品
の再販売、受託販売、販売のあっせん、同種役務の提供、役務の提供のあっせんをする
者に対して、特定利益が得られるといって誘引し、その者に特定負担を負わせる商取引、
となります。

表現が悪いですが、「特定利益」が得られることを餌にして、「特定負担」を負わせる。
そうなりますが、果たして、ワールドベンチャーズは、会員に特定負担を負わせるもの
かどうか、です。

特定利益の利益の程度には、実績や運が左右しますが、特定負担と呼ぶべき負担がある
か・・・。
会員に大きな心理的な負担と経済的負担を負わせると判断できるか・・・。

そこが問われることになります。
会費の大半が、自身が旅行をする際のポイントに充てられます。
その旅行自体には、会員だからの利用価値があります。
それが、会員であり続けることに負担を強いるかというと、決してそのレベルにはないで
しょう。

心理的な負担は、その会費の程度を考えれば、合理性がある範囲内なので、個人の性格や
受け止め方に大きく依存するとして、ビジネス自体の持つ特性とは言えない。
そう考えます。

何よりも、いつでも退会が可能で、その手続きも簡単だからです。
旅行サービスだけを利用しようと考えれば、ユーザー会員に替わればいいわけです。

ワールドベンチャーズのビジネスには、確かに連鎖販売取引性はあります。
しかし、その性質を持たない方法・選択肢があることを理解していれば、意に沿わない
状態になることはないのです。

マルチレベルマーケティングビジネスとしてのワールドベンチャーズを理解する

もう少し、実際にワールドベンチャーズの会員になった私の経験を踏まえての考え方・と
らえ方をもとに、一部重複しますが、その特徴を紹介していくことにします。

まず、ワールドベンチャーズの会員には、MLMでビジネスを目的とした会員=ビジネス
会員(プラチナ会員)と旅行サービスを利用するだけの会員=ユーザー会員(ゴールド会
員)の2種類があり、自分の意志で選択できます。

次に、ビジネス会員自身、会費の多くが旅行ポイントとして積み立てられ、そのポイント
でその価値に見合った旅行サービスを利用できます。
ビジネスを行うための費用は、月25ドルだけです。
それも、5ドルは、発展途上国などの寄付に充てられ、20ドルは、自分用の2つのウェブ
サイトの利用料とも言えるものです。
(実質400ドルの入会費も300ドルが旅行ポイント、100ドルが自分用サイト開設費)

その会費方式とまったく同じ規定の適用を受ける新たな会員を紹介・獲得することで、旅
行ポイントや報酬を得ることになります。

ただ、上位ランク者として多額の報酬を受け取ることを目的として、会員紹介活動を行うか、
会員紹介による報酬獲得はそこそこでよい、とするかは、会員の意志に任されています。
なにかのプレッシャーを常に感じ、人をだましてまで勧誘しようと追い詰めるような手法は
とっていません。

私の場合、まず新たに入会をお勧めする人、あるいは入会した人には、4人紹介し、QR
(Qualified Representative)というランクになることを目標にすることを提案します。

なぜなら、その報酬として、月会費125ドルのうちの100ドルを支払う必要がなくなり、
かつその100ドル分が毎月旅行ポイントとしてワールドベンチャーズが替わって積み立て
てくれるのです。
そして1年間1200ポイント貯まると、1年間の有効期間内にそれを自分の海外旅行費用と
して利用できるのです。
そこで、会員紹介を辞めても、以後、紹介した会員が退会しない限り、毎年1200旅行ポイ
ントをもらえ、旅行に利用するのです。

このレベルならば、ビジネスと呼ぶべきレベルではないのではないでしょうか。
これを楽しみにして魅力的な旅行サービスを利用できる会員を紹介する。
ユーザー会員・ビジネス会員、どちらかを選んでもらえる会員旅行クラブ。
それが、ワールドベンチャーズのMLMビジネスであり、その提供サービスが、ドリーム
トリップスです。

心がけるべきは、ビジネスとしてこのビジネスに参加する人が、正直に、正確にこのビジ
ネスの仕組み・システムを入会をお勧めする人々に伝えること、
そして入会手続きは、ワールドベンチャーズが決めた、かつ法律に則った方法で、行うこと、
退会やクーリングオフについても事前にしっかりと説明しておくこと、
です。

会員制旅行クラブの提供する旅行サービスの魅力を紹介することより、ビジネス=金儲け、
収益を上げることに重点をおき、伝えるべきことをごまかすかのように、儲かるというこ
とばかり強調して勧誘する人がいることも、実際ありうるかと思います。

そういう会員がいないよう願うとともに、そういう会員から勧誘を受けたときには、不審・
不安をしっかり払しょくして判断して頂きたいと思います。
そのために、このサイトが参考になればと思います。
また、疑問や不審な点がありましたら、サイトの<お問い合わせ>から、お尋ね頂ければ
と思います。

--------------------------------------

ワールドベンチャーズへのご入会に関するお問い合わせ・お申込み方法

ドリームトリップスの会員は、入会時の初回会費525ドルのうち、300ドルが、この旅行に使える
ポイントになります。
そして、1年間月会費を支払うと、1年間有効期間の1200ドルの旅行ポイントが貯まり、使うこ
とができます。

魅力いっぱいのドリームトリップスへのご入会を心よりお待ちしています。
ワールドベンチャーズ、ドリームトリップスに関する、ご質問等は、こちらからお気軽にお寄せく
ださい。 ⇒ <お問い合わせ>

ビジネス会員(プラチナ会員)ご入会のお申込みは、こちらの<ビジネス会員入会申込書>フォーム
からお願いします。
旅行だけを楽しむユーザー会員(ゴールド会員)のご入会も歓迎です!
こちらの専用申込書をご利用ください


⇒ Google Chromeで、英語サイトを日本語翻訳で見る方法

-----------------------------------------
ワールドベンチャーズとは? 簡単に説明した動画です。
ぜひ一度ご覧ください。


----------------------------------------




----------------------------------------

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。