島裕貴さんのドリームトリップス・レポート:キプロス旅行編

Europe & Middle East

ワールドベンチャーズのIMD、島裕貴さんのドリームトリップス体験レポートシリーズ。

今回は、<キプロス旅行>です。

以下のスライド動画で、雰囲気を感じていただければと思います。

東地中海の真珠キプロス

雰囲気を感じると言っても、キプロスがどこにあり、どんなところなのか、歴史や文化を多少は
知らないと、なかなか・・・。
名前はよく聞きますが、シチリア島と間違ったりして・・・。

キプロス=キプロス島ということではなく、キプロス島自体は、島の面積の大半を占めるキプロ
ス共和国と、トルコのみが独立国として承認している島北部の北キプロス・トルコ共和国の2つ
の国がある・・・。
加えて、島の一部はイギリス海外領土のアクロティリおよびデケリア。
キプロスの首都ニコシアの一部や、島の北部はトルコ領。
複雑で、ちょっと怖い気もしますが、ヨーロッパの富裕層がやってくる人気の観光地というわけ
です。

島ですから当然ビーチが第一ですが、険しい内陸部にはワインの産地も。
沿岸部にあるパフォスには、宮殿、墓、モザイクタイル張りのヴィラの遺跡など、アフロディーテ
崇拝に関連する遺跡が残っています。

「東地中海の真珠」とも言われるキプロスを訪ねる旅です。

夢見心地のパヨオナティス・シチリアツアー:4つ星ホテル2泊3日全食事付き149ドル!

直近の時期のドリームトリップスの<キプロス>旅行としては・・・。

2018年3月23日~25日、と5月25~27日実施の、2泊3日の
『夢見心地のパヨオナティス・シチリアツアー』があります。

宿泊ホテルは、4つ星ホテルの、Casale Panayiotis Traditional Village Hotel & Spa
「カザーレパナヨオティストラディショナルビレッジホテル&スパ」
⇒ http://casalepanayiotis.com/hotel-overview.html

このホテルは、ビーチホテルではなく、山腹にあるコテージスタイルのホテルです。

こちらのサイトで、その詳細を見ることができます。
⇒ https://gjobglife.dreamtrips.com/trips/1803cy5600/troodos-lemesos-cyprus

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイトによる、ツアーの英文解説は、次のようになっています。

About Your Trip

Escape the everyday with a well-deserved weekend in Kalopanayiotis, Nicosia, Cyprus.
Whether you’re a local or a visitor, our new DreamBreak travel option offers you a fresh
way to experience your DreamTrips™ Membership, starting with a 2-night stay at an
out-of-the-way, mountainside hotel.
The rest is up to you!
This DreamBreak does not include an In-destination Support team member
so you can create your own adventures, your way.


Visit rural Cyprus and you’ll find a study in contrasts — from quaint farmhouses and a
laidback mountain village to mighty UNESCO-protected landmarks and a lavish monastery
set in the middle of a forest.

You’ll get a real sense of the area’s rich history starting on your 2nd day.
From your base in Kalopanayiotis, embark on a guided walking tour, and stop at 2 UNESCO-protected sites.
The monastery of Agios Ioannis Lampadistis (St. John the Illuminator) is known for painted
murals depicting Byzantine civilization, and 12th-century Theoskepasti Chapel boasts a giant oak tree
whose branches “embraced” it, shielding it from the wandering eyes of pirates and looters.
At the Byzantine Museum, a former schoolhouse, take in exhibits that include 16th-century icons.
Along the way, marvel at one of the natural sulphur springs purported to have healing qualities.
Finally, head to the Venetian bridge, constructed in the 16th century in the traditional stone masonry of the time.

ツアーのポイントを簡単に紹介しますと・・・。

2日目にKalopanayiotisのホテルから、ガイド付きウォーキングツアーで、2つのユネスコ保護地域へ。
Agios Ioannis LampadistisとTheoskepasti Chapelの修道院は、Troodos地域のユネスコ世界遺産の
Painted Churchesのサイトを構成する一連の10の教会と修道院の一部です。
そのアギオス・イオアニス・ランプパティストの修道院は、ビザンチン文明を描いた壁画で知られています。
その他、12世紀のテオスケスパスティチャペル、16世紀の文化を垣間見るビザンティン美術館、石造りの
ヴェネチアの橋などを訪れます。
•ホテルのミリアントハスパへの1日の無料入場券で、自然治癒特性を持つと言われている硫黄泉の水で体を
休めてください。
•キプロスの典型的な料理には、mezedesがあります。スペインのタパスと同様に、ディップ、チーズ、肉、
野菜などの伝統的な食材で満たされた小さなプレートが特徴です!


 

滞在中のすべての食事とホテルでの癒しの鉱泉浴、ウォーキングツアーのガイド付き、4つ星ホテル
大人2人で2泊で、ひとり、149ドル、約17,000円。
お値打ちです!

しかし、やはり問題は、航空券代金。
残念ながら、世界最安値保証の Roviaで検索しても、日本の空港からの便は提示されませんでした。
旅慣れていれば、どこを経由していけば合理的か、簡単に調べることができるとは思いますが・・。

でも、2泊3日のコースと、少し慌ただしいですから、このキプロスツアーは、ヨーロッパの他の
地域のツアーとセッで組むのが理想と思います。
そうすれば、航空券費用も経済的になりますし。

このようにいろいろ組み合わせるのも海外旅行を企画する上での楽しみのひとつ。
ぜひ、そのプロセスも楽しんで頂きたいと思います。

なお、キプロスツアーで、もう一つ知っておくべきこととして、利用する空港が、滞在地から
80キロ以上離れていることがあります。
時間に余裕をもって利用したいと思います。

なお、5月開催ツアーの利用料金は、大人2人利用で、一人169ドルです。

-------------------------------

ワールドベンチャーズへのご入会に関するお問い合わせ・お申込み方法

ドリームトリップスの会員は、入会時の初回会費525ドルのうち、300ドルが、この旅行に使える
ポイントになります。
そして、1年間月会費を支払うと、1年間有効期間の1200ドルの旅行ポイントが貯まり、使うこ
とができます。

魅力いっぱいのドリームトリップスへのご入会を心よりお待ちしています。
ワールドベンチャーズ、ドリームトリップスに関する、ご質問等は、こちらからお気軽にお寄せく
ださい。 ⇒ <お問い合わせ>

ビジネス会員(プラチナ会員)ご入会のお申込みは、こちらの<ビジネス会員入会申込書>フォーム
からお願いします。
旅行だけを楽しむユーザー会員(ゴールド会員)のご入会も歓迎です!
こちらの専用申込書をご利用ください

⇒ Google Chromeで、英語サイトを日本語翻訳で見る方法

--------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------
ワールドベンチャーズ会員の魅力の一端を説明した動画をまだご覧頂いていらっしゃらない方。
ぜひ一度ご覧ください。

----------------------------------------




----------------------------------------

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。